So-net無料ブログ作成

スーパーカメラでインラインの動きを解き明かす [■その他混沌]

11/11 にアインシュタインの眼 という番組で、安床兄弟がどういう動きで
バートで高いエアーを出すのか、科学の視点と、ハイスピードカメラのスローで
分析する というのをやってましたよ。

番組のあらすじはココ

よくミニラン初心者の人に「ブランコこぐみたいにRを漕ぐ!」的に説明したりするけど
あの運動自体は「パラメーター励振(れいしん)」という物理現象だそうですよ。
ちゃんと正式名称があったのでした(´艸`)    詳しくはググッて下さい
Rを漕ぐ時にかかる重力は体重の7倍との事・・。60kgだと420kgの重力が足に・・・・ΣΣ(゚д゚lll)

0719kake_IMGP3705_R.jpg
画像は内容とは全然関係ないカケさんエアーです(≧ω≦)b
バートを漕ぎ上がる時は、R下部で蹴り終えるのではなくて、ボトムからコーピングに至るまでの全部を使って漕ぐ(ヒザを伸ばしていく)のが正しい模様。 R中に足が伸びきると、そこからは減速が始まるそうです。
エアーは速度が出れば出るほど、高く飛ぶとの事。

カリフォルニアロール1080 とかの原理と動作の解析とか色々やってたけど、結論から言うと
すご過ぎて分かった所でどうにもならないということがわかった。わかっただけよかった。
わからなくてもよいということがわかった。みなくてもよかった。
(原理を知ってエアーが高くなるかと思ったら気にしすぎて余計に飛べなくなったクマでした)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

か

城南島は7feet、
そして30feet!はこれ、高さではなく長さ?ロング↓
http://www.telegraph.co.uk/sport/othersports/surfing/3492729/Surfer-breaks-record-for-riding-longest-board.html

ウェットはクリーニング出すか~
もう冬だね。山は雪降ってるようで、そろそろ滑りたい!
by か (2008-11-25 23:06) 

ふぁてぃ

サーフィン 30feetはやばいねー。 ってかノーズ海面にささってますね(´・ω・`;)

30feet級のセクション 探してたら
↓ ありきたりの この動画にいきつきました
http://jp.youtube.com/watch?v=rRoym-zNrIM&feature=related
オバカサン大集合的な。 ゴイス。

ちょうど雪山もうつっとりますよ。
そろそろ 寒さ的にも雪山が恋しいっすね。
都会の寒さは寂しいばかりですが、雪山の寒さは開放感がある。
by ふぁてぃ (2008-11-27 01:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。